読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏滅2500年後 Neyya(被教導者)、Padaparama(語句最上者)の解脱戦略

目指すものがわかれば、取るべき方法は限られる。現実(=Dukkha、苦)を見つめれば目指すべきものがわかる。それは、Dukkhaからの解放。http://bit.ly/2fPFTVC/Ugghaṭitaññū(ウッガティタンニュ)、Vipañcitaññū(ウィパンチタンニュ)、Neyya(ネーヤ)、Padaparama(パダパラマ)の四衆生について:http://bit.ly/1KmGR2V

記事目次

(2017/4/8 更新)

四聖諦=苦諦、集諦、滅諦、道諦。

目指すべきもの(滅諦)が分かれば、取るべき方法(道諦)がわかる。

現状を観察すれば(苦諦、集諦)、目指すべきもの(滅諦)がわかる。

それはDukkha(苦)からの解放。

■免責事項

zhaozhou-zenji.hatenablog.com

 

■苦諦:なぜ輪廻から解脱する必要があるのか。足のすくむような深遠な輪廻の実体。

 

「涙経(Assu-sutta)」 - 相応部経典 15.1.3 

 

輪廻のなかで流された血―三十人経(Tiṃsamatta-sutta) 

 

人身受け難し(1) Dhammapada 182、爪先経(Nakhasikha sutta)

 

人身受け難し(2)―盲亀浮木の喩え(Dutiyachiggaḷayuga-sutta)

 

人身受け難し(3)―Saṃyutta-Nikāya(相応部経典)の最後のセクション「第五の生殻中略の章」

 

※参考

ブッダの言葉だけで悟る特殊な人々。

■集諦

無我論(1)―ブッダが否定した我(Atta)とは? 

 

無我論(2)―我(Attan)についての無記(アーナンダ経 Ānanda-sutta)

■滅諦:苦の消滅

「第一涅槃関係経 Paṭhamanibbānapaṭisaṃyutta-sutta」―ブッダが涅槃について詳細に語った経典 

 

阿羅漢の境地―雇われ人が報酬を待つように死を待つ。

■道諦

比丘は、具足戒を受けていない者に「私は預流果だ」「私は初禅に達した」などと語ってはならない。

 

解脱の十二縁起 Upanisa-sutta(ウパニサ・スッタ 縁由経)

■その他

衆生済度について―第二魔罠経(Dutiyamārapāsasuttaṃ)

■Loka Dhamma(世間法)

世界の守護者:HiriとOtappa ―Guardians of the World

■検証

スマナサーラ長老「『悟り』は日本独自の言葉」 

 

「自灯明(Attadīpā)」の本当の意味。 

 

「ブッダは輪廻転生について無記の態度をとった」説は本当か?(書きかけ) 

 

■法話、資料

マハーカルナー禅師の原始仏教トーク(YouTube、Podcast版)まとめ 001~040(全)

 

パーリ語辞書

 

過去の「修行者のためのアビダンマ講座」や「原始仏教トーク」などのマハーカルナー禅師の法話を聞く方法 

 

パーリ語文字入力法 

■健康

【良記事紹介】Soyさん「長年医者に見落とされ続けた体調不良が難病だと判明した」

 

■2017年

避けたほうがよい指導者。(私見) 

避けたほうがよい指導者。(私見)

 精神世界の指導者の話です。
 私の経験からの個人的な意見です。
 どういう指導者がよいかというのは、難しいので、逆にこれは避けておいてほうがよいという指導者の特徴を考えてみます。

 

増上慢
言行不一致(言葉とやっていることが対応していない)。自分の言葉に対する責任感がない。

 

 この特徴をもっている指導者は避けたほうがよいです。
 大きな損害、被害を受ける可能性があります。

 順番に説明します。

 

 1点目。増上慢から。
 増上慢とは、「わたしはあなたより優れていますよ」という不善心です。
 パーリ語でAtimānaといいます。
 「私はこんな瞑想体験をしたから、すごい!あなたたちより優れている!」「わたしはこんな知識をもっているから、すごい!あなたたちより、優れている!」
 ここまで、はっきり言うことはないでしょうが、言下に指導者にこういう感情を感じられたら、避けておいたほうが、よいです。
 純粋な慈や悲の感情から、人にものを教えているのではなく、「自分はすごい!」というエゴを満たすために人に教えている可能性があります。
 人を教えて、人の思考や行動をコントロールすることで、人を支配しようとするのですね。支配することで、「自分はすごい」というエゴを満たします。独裁者と同じです。
 具体的なケースを見ていると、初めは、「利他行、人様のために」とやっている人でも、いつの間にかこのケースに陥っているケースもあるような気がします。

 

 具体的な行動として、

 

・自分の体験談(自慢話)
・伝統から逸脱した我流のメソッド(「俺」の開発したすごいメソッド)

 こういう傾向が出始めてきたら、注意したほうがいいと思います。

 

 2点目。
・言行不一致(言葉とやっていることが対応していない)。
 自分の言葉に対する責任感がない。

 

 これは、そのままです。
 例えば、瞑想とかなら、自分の人生のなかで、結構な時間と労力を投入しないと、なかなか結果はでないわけです。
 当然、教える方は、責任が生じるわけで、その責任をどのくらい自覚しているかということです。
 たとえば、小さな子どもをあずかれば、大袈裟にいって、その子の命をあずかっているわけです。その子が大怪我をしたり、事故に合わないように、ケアしないといけない。
 大人がやる瞑想やDhammaの勉強も同じで、これは人生の問題なのだから、教える指導者は、当然、ある意味、その人の人生をあずかっていることになるわけです。その人の人生に対する責任が生じてくる。
 Dhammaや瞑想をやって、逆にその人がおかしな方向にいったときに「私は知りません」。
 そういう無責任な指導者は避けておいたほうがいいですね。
 心身ともに傷つくことになると思います。
 そして、その傷が癒えるまでは、何年、何十年長い時間がかかるかもしれません。

 長くなりましたが、例えば、「○○をやります」と言って、やらないケースとか、こういうのは言行不一致です。
 そして、「○○をやります」と言って、やらない場合、やらないことにたいするケアをするのか、しないのか、そういうので、その指導者の自分の言葉に対する責任感がわかると思います。
 あとは、「○○という教えがあります」と言って、出典、その教えの出どころがよくわからない(自分でもよくわかっていない)ことを言う指導者です。
 出典が不明ということは、出典に書いてある通りではなく、その人の思い込みや思い違いでものを言っている可能性があります。
 そうならないように、まともな指導者なら、ちゃんと、出典と自分の認識が一致しているかを確認した上で発言します。
 自分の言葉に責任感がない人は、自分の言葉を聞いた人がどうなっても、本音の部分では、あまり気にしていませんから、そういった出典と自分の認識との照合という作業はしていない傾向があると思います。

 上の増上慢と関連してきますが、責任感なく、「自分はすごい!」ということを誇示するためだけに、事実や現実と異なる無責任な発言を連発する指導者、そういう人のもとについていたら、「裏切られた!」とか「そんなことは経典にそもそも書いてない!」となって傷つく可能性が極めて高いです。

 

 まとめますが、
増上慢
・言行不一致(言葉とやっていることが対応していない)。自分の言葉に対する責任感がない。
 私の個人的意見となりますが、この特徴を持つ指導者は、「裏切られた!」となって、心身ともに傷つく可能性、
自分がその指導者のもとについて、修行のために費やしてきた、時間や労力が無駄になる可能性があると思います。