読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏滅2500年後 Neyya(被教導者)、Padaparama(語句最上者)の解脱戦略

目指すものがわかれば、取るべき方法は限られる。現実(=Dukkha、苦)を見つめれば目指すべきものがわかる。それは、Dukkhaからの解放。http://bit.ly/2fPFTVC/Ugghaṭitaññū(ウッガティタンニュ)、Vipañcitaññū(ウィパンチタンニュ)、Neyya(ネーヤ)、Padaparama(パダパラマ)の四衆生について:http://bit.ly/1KmGR2V

記事目次

(2017/1/29 更新)

四聖諦=苦諦、集諦、滅諦、道諦。

目指すべきもの(滅諦)が分かれば、取るべき方法(道諦)がわかる。

現状を観察すれば(苦諦、集諦)、目指すべきもの(滅諦)がわかる。

それはDukkha(苦)からの解放。

 

■苦諦:なぜ輪廻から解脱する必要があるのか。足のすくむような深遠な輪廻の実体。

 

「涙経(Assu-sutta)」 - 相応部経典 15.1.3 

 

輪廻のなかで流された血―三十人経(Tiṃsamatta-sutta) 

 

人身受け難し(1) Dhammapada 182、爪先経(Nakhasikha sutta)

 

人身受け難し(2)―盲亀浮木の喩え(Dutiyachiggaḷayuga-sutta)

 

人身受け難し(3)―Saṃyutta-Nikāya(相応部経典)の最後のセクション「第五の生殻中略の章」

 

※参考

ブッダの言葉だけで悟る特殊な人々。

■集諦

無我論(1)―ブッダが否定した我(Atta)とは? 

 

無我論(2)―我(Attan)についての無記(アーナンダ経 Ānanda-sutta)

■滅諦:苦の消滅

「第一涅槃関係経 Paṭhamanibbānapaṭisaṃyutta-sutta」―ブッダが涅槃について詳細に語った経典 

 

阿羅漢の境地―雇われ人が報酬を待つように死を待つ。

■道諦

比丘は、具足戒を受けていない者に「私は預流果だ」「私は初禅に達した」などと語ってはならない。

 

解脱の十二縁起 Upanisa-sutta(ウパニサ・スッタ 縁由経)

■その他

衆生済度について―第二魔罠経(Dutiyamārapāsasuttaṃ)

■Loka Dhamma(世間法)

世界の守護者:HiriとOtappa ―Guardians of the World

■検証

スマナサーラ長老「『悟り』は日本独自の言葉」 

 

「自灯明(Attadīpā)」の本当の意味。 

 

「ブッダは輪廻転生について無記の態度をとった」説は本当か?(書きかけ) 

 

■法話、資料

マハーカルナー禅師の原始仏教トーク(YouTube、Podcast版)まとめ 001~040(全)

 

パーリ語辞書

 

過去の「修行者のためのアビダンマ講座」や「原始仏教トーク」などのマハーカルナー禅師の法話を聞く方法 

 

パーリ語文字入力法 

■健康

【良記事紹介】Soyさん「長年医者に見落とされ続けた体調不良が難病だと判明した」

 

慈経 Metta Sutta(書きかけ)

8. Mettasuttaṃ

143.
Karaṇīyamatthakusalena,

●Karaṇīyam(〜すべき)

●attha(意味のあること)

●kusalena(巧み、善い)

●atthakusalena(自分の目的を知っている者、意味あるものを目指す人)

 

yanta santaṃ padaṃ abhisamecca;
Sakko ujū ca suhujū [sūjū (sī.)] ca,

●Sakko サッコー「ものすごく上手、有能でなんでもできる性格、Ability」

●ujū,suhujū ウジュ、スジュ「まっすぐストレートで、性格はしっかりしている」

 

sūvaco cassa mudu anatimānī.

●sūvaco 言われやすい。その人を見たら何かを教えたくなるような性格の明るさ。

●cassa 彼の

●mudu ソフトで柔軟性があること。明るい。

●anatimānī atimānī(高慢、強情)の反対。謙虚でなくてはいけない。

 

144.
Santussako ca subharo ca, appakicco ca sallahukavutti;

Santussako 喜び、満足。いつでも幸福でいられる性格。

subharo 面倒を見やすい人。養いやすい人。

appakicco 雑事が少ない。

kicca やらなくてはならない仕事。

sallahukavutti 軽い生活。簡素に生活する。すごく簡単で軽々生活する。


Santindriyo ca nipako ca, appagabbho kulesvananugiddho.

Santindriyo indriya(感覚器官)を落ち着かせなさい

nipako 熟した人間。智慧のある人間。頭の良い人間。

appagabbho 

145.
Na ca khuddamācare kiñci, yena viññū pare upavadeyyuṃ;
Sukhino va khemino hontu, sabbasattā [sabbe sattā (sī. syā.)] bhavantu sukhitattā.

[智慧ある] 識者達が批判するような、どんな小さな過ちも犯さないように。
幸福で平安でありますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

146.
Ye keci pāṇabhūtatthi, tasā vā thāvarā vanavasesā;
Dīghā vā ye va mahantā [mahanta (?)], majjhimā rassakā aṇukathūlā.

いかなる生命であろうともことごとく、
動き回っているものでも、動き回らないものでも、
長いものでも、大きなものでも、
中くらいのものでも、短いものでも、微細なものでも、巨大なものでも、

 

147.
Diṭṭhā vā ye va adiṭṭhā [adiṭṭha (?)], ye va [ye ca (sī. syā. kaṃ. pī.)] dūre vasanti avidūre;
Bhūtā va sambhavesī va [bhūtā vā sambhavesī vā (syā. kaṃ. pī. ka.)], sabbasattā bhavantu sukhitattā.

見たことがあるものもないものも、
遠くに住むものでも、近くに住むものでも、
既に生まれているものも、[卵など、これから] 生まれようとしているものも、
生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

148.
Na paro paraṃ nikubbetha, nātimaññetha katthaci na kañci [naṃ kañci (sī. pī.), naṃ kiñci (syā.), na kiñci (ka.)];
Byārosanā paṭighasaññā, nāññamaññassa dukkhamiccheyya.

どんな場合でも、ひとを欺あざむいたり、
軽かろんじたりしてはいけません。
怒鳴ったり、腹を立てたり、
お互いにひとの苦しみを望んではいけません。

 

149.
Mātā yathā niyaṃ puttamāyusā ekaputtamanurakkhe;
Evampi sabbabhūtesu,

nasaṃ bhāvaye aparimāṇaṃ.

 

あたかも母が、たった一人の我が子を、
命がけで守るように、
そのように全ての生命に対しても、

無量の [慈しみの] 心を育てることです。

 

150.
Mettañca sabbalokasmi, mānasaṃ bhāvaye aparimāṇaṃ;
Uddhaṃ adho ca tiriyañca, asambādhaṃ averamasapattaṃ.

慈しみの心を、一切世間(すべての生命)に対して
限りなく育てることです。
上に、下に、横(周り)に[棲む如何なる生命に対して] も、
わだかまりのない、怨みのない、敵意のない心を育てることです。

 

151.
Tiṭṭhaṃ caraṃ nisinno va [vā (sī. syā. kaṃ. pī.)], sayāno yāvatāssa vitamiddho [vigatamiddo (bahūsu)];
Etasatiṃ adhiṭṭheyya, brahmametaṃ vihāramidhamāhu.

立っている時も、歩いている時も、坐っている時も、
あるいは横になっていても眠っていない限り、
この [慈悲の] 念をしっかり保つものである。

これが梵天ぼんてん (崇高なもの) の生き方であると言われています。

 

152.
Diṭṭhiñca anupaggamma, sīlavā dassanena sampanno;
Kāmesu vinaya [vineyya (sī. syā. pī.)] gedhaṃ, na hi jātuggabbhaseyya punaretīti.

Mettasuttaṃ aṭṭhamaṃ niṭṭhitaṃ.

[このように実践する人は] 邪見を乗り越え、常に戒を保ち、
正見を得て、
諸々もろもろの欲望に対する執着をなくし、
もう二度と母体に宿る(輪廻りんねを繰り返す)ことはありません。

 

日本テーラワーダ仏教協会

http://www.j-theravada.net/sutta/Metta_Suttam.html

 

語句の意味引用:アルボムッレ・スマナサーラ長老『ブッダの「慈しみ」は愛を超える』

http://www.tipitaka.org/romn/cscd/s0505m.mul0.xml