読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏滅2500年後 Neyya(被教導者)、Padaparama(語句最上者)の解脱戦略

目指すものがわかれば、取るべき方法は限られる。現実(=Dukkha、苦)を見つめれば目指すべきものがわかる。それは、Dukkhaからの解放。http://bit.ly/2fPFTVC/Ugghaṭitaññū(ウッガティタンニュ)、Vipañcitaññū(ウィパンチタンニュ)、Neyya(ネーヤ)、Padaparama(パダパラマ)の四衆生について:http://bit.ly/1KmGR2V

無我論(2)―我(Attan)についての無記(アーナンダ経 Ānanda-sutta)

ブッダは「諸法無我(Sabbe dhammā anattā)」を説かれます。 しかし、我(Atta)自体の存在の有無については、無記(Avyākata)ということのようです。 下記の「アーナンダ経(Ānanda-sutta)」の要点を書きます。 「我があるか?」→ブッダ「(沈黙)」(無…

無我論(1)―ブッダが否定した我(Atta)とは?

ブッダの言葉 279.‘‘Sabbe dhammā anattā’’ti, yadā paññāya passati;Atha nibbindati dukkhe, esa maggo visuddhiyā. ダンマパダ 279 あらゆる法は、無我なり(Sabbe dhammā anattā)、と 智慧を持って観るときに かれは苦を厭い離れる これ清浄にいたる道…

人身受け難し(3)―Saṃyutta-Nikāya(相応部経典)の最後のセクション「第五の生殻中略の章」

Buddhābhivādanā 礼拝文Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。Bhājemi Pūjā 廻向偈Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。Idaṃ …

人身受け難し(2)―盲亀浮木の喩え(Dutiyachiggaḷayuga-sutta)

一部では有名な盲亀浮木(もうきふぼく)の喩え。 これの原典もSaṃyutta-Nikāyaにあった。 これも人身受け難きこと、ブッダの説かれた正法の聞き難きを説いた教えである。 まず、地球の大地(mahāpathavī)すべてが一面の海(ekodakā)であると仮定する。 そ…

人身受け難し(1) Dhammapada 182、爪先経(Nakhasikha sutta)

人間としてこの世に生を受けることの難しさ、仏の教えに出会うことの難しさは、様々な経典で語られている。 爪先経は、以下の様な内容である。 大地の土と爪の先にのせた土とでは、大地の土の量が圧倒的に多く、爪の先にのせた土は比べるまでもなく極少量で…

輪廻のなかで流された血―三十人経(Tiṃsamatta-sutta)

以前は、「輪廻の中で流された涙は四大海の水より多い」という相応部の「涙経」を写経した。 <a href="http://zhaozhou-zenji.hatenablog.com/entry/2015/03/03/225049" data-mce-href="http://zhaozhou-zenji.hatenablog.com/entry/2015/03/03/225049"&g…

解脱の十二縁起 Upanisa-sutta(ウパニサ・スッタ 縁由経)

このUpanisa-suttaのUpanisaとは、ウパニシャッド哲学のウパニシャッドと同じ語源である。ともに「近くに座す」の意味だ。 ウパニシャッドのほうは、「師の近くに座す秘伝」のような意味合いがあるらしい。 このUpanisa-suttaのUpanisaは、どちらかというと…

「涙経(Assu-sutta)」 - 相応部経典 15.1.3

ブッダ: 比丘たちよ、長時にわたり、そなたたちに、母の死が経験されています。 それゆえ、母の死を経験し、快くないものとの出会いにより、快いものとの別離により、号泣し、泣いてきたそなたたちに流れ、漏れ出た涙こそ多く、四大海の水の比ではありません…