仏滅2500年後 Neyya(被教導者)、Padaparama(語句最上者)の解脱戦略

目指すものがわかれば、取るべき方法は限られる。現実(=Dukkha、苦)を見つめれば目指すべきものがわかる。それは、Dukkhaからの解放。http://bit.ly/2fPFTVC/Ugghaṭitaññū(ウッガティタンニュ)、Vipañcitaññū(ウィパンチタンニュ)、Neyya(ネーヤ)、Padaparama(パダパラマ)の四衆生について:http://bit.ly/1KmGR2V

記事目次(2018/04/21 更新)

※Blog整理中です。この記事に網羅しきれていない記事もあります。 ※広告等のスパム防止のため、コメントの書き込みは、はてなアカウントをお持ちの方のみとさせていただいております。 (はてなアカウントは無料で作成できます) 四聖諦=苦諦、集諦、滅諦、…

原始仏教トーク#52「Jarā(老い) ー 時の流れを味方につける」

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

小部経典 12.無礙解道(Paṭisambhidāmagga)3.出入息念論(Ānāpānassatikathā)

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

「肯心(こうしん)みずから許す。」(宝鏡三昧)洞山良介禅師

転倒の想(てんどうのそう)、滅すれば、 肯心(こうしん)みずから許す。 古轍(こてつ)に合わんと要せば、 請(こ)う、前古(ぜんこ)を観(かん)ぜよ。 (宝鏡三昧) http://www.sets.ne.jp/~zenhomepage/houkyousanmai.htm この洞山良介禅師の 「肯心…

『智者、変化の聖人を誹り妬みて、現に閻羅の闕に至り、地獄の苦を受けし縁 第七』日本霊異記 中巻

はてなをみて、発見。 こういう説話が、日本にもあるのですね。 なぜ日本の昔話にはゾンビがいないのか?雑文 - けっこう毛だらけ猫愛だらけ 日本霊異記 (中) (ちくま学芸文庫) 作者: 多田一臣 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1997/12 メディア: 文庫 購…

2018年5月13日(日)原始仏教トーク#50「智慧ある人 ー 高さではなく継続が本当の智慧をつくる」

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

Ānāpāna Sati(アーナーパーナ・サティ 安般念 出入息念)―長部経典22大念処経(Mahāsatipaṭṭhāna sutta)

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

2018年4月22日(日)原始仏教トーク#49「修行の天才 ー 在家修行でどこまでいけるか」

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

マハーカルナー禅師のマインドフル・セミナー第4回『 素顔のままのあなた 』2018年3月21日(水・祝)

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

マハーカルナー禅師の原始仏教トーク 第48回 『 Saddhā – 仏教の信を科学する 』

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。 I…

【Saddhā】「発心正からざれば万行空しく施す 」(学道用心集)「若し道心無ければ、万行虚設なり」(永平広録)(道元禅師)

善なる清らかなSaddhā。 PureなSaddhā。 純粋なSaddhā。 燃え上がるようなアスピレーション…… 最近、マハーカルナー禅師のアスピレーションに関する法話を拝聴しておりました。 道元禅師にも、そのような言葉があったような記憶が蘇りました。 検索しました…

マハーカルナー禅師の原始仏教トーク 第47回 『離見心 – いま明かす仏教修行の奥義 -』

マハーカルナー禅師の原始仏教トーク 第47回 『離見心 – いま明かす仏教修行の奥義 -』 (ポスターは宣伝等にお使いいただける場合、転載自由です) http://mahakaruna.online/buddhismtalk 裏面より 布施、戒、定、慧の4つの修行領域において、 修行者の心…

過去28仏(小部経典 仏種姓経 Khuddakanikāya Buddhavaṃsapāḷi 28. Buddhapakiṇṇakakaṇḍaṃ)

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。Id…

誓願

私の善行が、解脱・涅槃を成就させる波羅蜜となりますように。 どうか、Kusalaの心で臨終を迎えられますように。 そして、適切な境涯に転生し、 そこですぐに修行を再開、継続し、さらに加速することができますように。 身体的、精神的にあまり苦しむことな…

2018年1月6日(土)マハーカルナー禅師の原始仏教トーク第46回 傳修院開山記念 『いま、原始仏教を生きる。』

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。Id…

【懺悔・謝罪】初心者様(Twitterアカウント @keep_on_beginer 様)に謝罪・懺悔いたします。

かつて、Twitter上で交流がありました初心者様(Twitterアカウント @keep_on_beginer 様)に謝罪・懺悔いたします。かつての私のBlogやTwitterでの山下良道師への批判的な発言により、初心者様の山下良道師への信(Saddhā)を傷つけてしまったことを衷心より…

Wikipediaでの利用者名。

Blogに問い合わせがあったので、 ここでもあらためて書いておきます。 Wikipediaで Amedamacha様 Zenji30様 Trwdsprd様 Krtstm様 という利用者名の方は私ではありません。

【懺悔・謝罪】山下良道師、また山下良道師の信徒の方へ、懺悔、謝罪いたします。

山下良道師、また山下良道師の信徒の方へ、懺悔、謝罪いたします。 以前、このBlogで掲載していた山下良道師の「青空としてのわたし」等の主張に対する私の批判記事に関して懺悔いたします。Buddha Dhammaに関する見解は、個々人で様々であることは、当然で…

聖者侮辱(聖者誹謗)について ― スマナサーラ長老の法話より

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。Id…

【マハーカルナー傳修院(でんしゅういん)】傳修院TV、傳修院Radio: 主に法話等の動画、音源まとめ。(2018年3月18日(日)更新)

(2017年12月10日更新) Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅…

【懺悔、謝罪】慈永祐士様へ懺悔、謝罪いたします。

懺悔、謝罪いたします。 以前、Twitterでの慈永様の私のBlog記事への批判が、まったく正当な批判の範囲にもかかわらず、TwitterアカウントやBlogで慈永様が晒されたくない情報を、晒し、また、慈永様を侮辱する発言をしたことを衷心より謝罪いたします。また…

【懺悔、謝罪】今までネット上で、傷つけてしまった方、ご迷惑をおかけしてしまった方に深く懺悔、謝罪いたします。

懺悔いたします。 今まで、ネット上で多くの人を攻撃し、傷つけてしまいました。 傷つけてしまった方、ご迷惑をおかけしてしまった方に深く謝罪、懺悔いたします。 それは、無明と貪瞋痴(とんじんち)に覆われたゆえの不善なる意図をもった不善なる行いでし…

他人を指差すのを止めること。ースマナサーラ長老

Buddhābhivādanā 礼拝文 Namo tassa bhagavato, arahato, sammā-sambuddhassa.阿羅漢であり、正等覚者である、かの世尊に礼拝いたします。 Bhājemi Pūjā 廻向偈 Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā' vahaṃ hotu.この功徳によって、煩悩の滅尽が実現しますように。Id…

スマナサーラ長老、ロヒンギャ問題について。

#jtba スマナサーラ長老の法話と実践会(ゴータミー精舎)午前の部を動画中継いたします。 https://t.co/KpmAi5AoF4 — 日本テーラワーダ仏教協会 (@jtba_info) 2017年9月10日 Q仏教国ミャンマーのロヒンギャ問題をどう考えればいいのか?Aケンカは一人だけで起…

その言葉の意味を本当に理解しているのか?

昔、法友の方が「ある言葉を本当に理解しているかは、結局、中学2年生にも説明できるかどうかなんだ」と言われていた。 つまり、自分で、わかっているつもりでも、中学2年生がわかるように説明できなければ、本当は自分でも理解していないということだ。 高…

鈴木一生さん(日本テーラワーダ仏教協会初代会長)ご逝去。

2017年7月19日(水)。 日本テーラワーダ仏教協会初代会長である鈴木一生さんが71歳でご逝去されました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 鈴木一生さんは、日本テーラワーダ仏教協会をスマナサーラ長老と創設し、日本のテーラワーダ仏教の普及に尽力され…

死ぬときの“よりどころ”をつくる

ある漫画の死の描写がとてもリアルでグッとくるものがある「これはガチ」「すごく怖い」 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1079099 死ぬときは、目も見えず、耳も聞こえず、意識も朦朧とし…… そういう状況で死んでいく。 死ぬときに、死んで次にど…

無我論(3)―私とは何か?―Loke samaññaṃ(世の名称)、Vohāra(慣用語)(阿羅漢経 Arahantasuttaṃ)/イメージの裏切り(書きかけ)

ルネ・マグリット「イメージの裏切り」(1929年) 上の絵には、パイプの絵の下にフランス語で「これはパイプではない」と書かれている。 これはどういうことだろうか? ============================= 私とは何か? まず第一に「私」とは「言葉」であると言え…

Sīmāsambheda、Vicakkhaṇa

Sīmāsambheda、Vicakkhaṇa。 個人的に重要な言葉です。 あんまりピッタリとした訳はありませんが、こういう言葉は、パーリ語のまま理解して覚えておいた方が、誤解が少なそうだと思いました。 sīmāsambheda palidictionary.appspot.com パオ・セヤドー『智慧…

「仏教」という概念の囚われから脱するーキリスト教とイエス・キリストの教えとが違うように……

https://twitter.com/irrtenko/status/801431614723006464 河出文庫『ヨーロッパ中世(9)』読書メモ・現在「キリスト教」と思われているものは、キリストの死後約千年ほどかけて、ゆっくり形成されてきたもの。・日曜のミサ、告解、聖体拝領なども、最初か…